異例のオンライン開催=100年目の連合メーデー―新型コロナ影響で・東京

社会

連合主催の第91回メーデー中央大会が29日、開催された。日本で初めてメーデーが開催された1920年から今年で100年の節目だが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、初めてとなる異例のオンライン開催となった。事前収録された動画を、ユーチューブの公式チャンネルなどで公開した。

大会は例年、東京・代々木公園などで開催しており、昨年は約3万7000人(主催者発表)が参加した。連合によると、新型コロナの影響で東京都が公園の休園や使用中止を通知したため、オンライン開催を決めた。動画を見ることで集まらなくてもメーデーに参加できるのが狙いという。

日本初のメーデー開催から100年の節目に当たる連合主催の第91回メーデー中央大会のインターネット配信のため、動画撮影に臨む神津里季生会長=27日午後、東京都千代田区日本初のメーデー開催から100年の節目に当たる連合主催の第91回メーデー中央大会のインターネット配信のため、動画撮影に臨む神津里季生会長=27日午後、東京都千代田区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 労働・雇用 社会 日本 東京都