関越バス事故から8年=コロナで県外遺族は慰霊できず―群馬

社会

群馬県藤岡市の関越自動車道で2012年、乗客7人が死亡、38人が重軽傷を負った高速ツアーバス事故から29日で8年となった。遺族らは例年この日に事故現場を訪れて慰霊を続けてきたが、新型コロナウイルス拡大の影響で今年は県外に住むほとんどの関係者が参加できなかった。

事故で母の直美さん=当時(44)=を亡くしたことをきっかけに群馬県警の警察官になった山瀬俊貴さん(27)=前橋市=は、発生時刻の午前4時40分、遺族を代表して現場近くに設けられた祭壇に手を合わせた。

関越バス事故から8年を迎え、発生時刻に合わせて現場近くの祭壇に手を合わせる遺族の山瀬俊貴さん=29日午前、群馬県藤岡市(代表撮影)関越バス事故から8年を迎え、発生時刻に合わせて現場近くの祭壇に手を合わせる遺族の山瀬俊貴さん=29日午前、群馬県藤岡市(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事故 社会 日本 群馬県 前橋市 北陸 石川県 金沢市