中小景況感、震災直後より悪化=コロナで10年ぶり水準―4月日商調査

経済・ビジネス

日本商工会議所が30日発表した4月の中小企業の景況感によると、「好転」の割合から「悪化」の割合を引いた指数が前月から11.4ポイント悪化し、マイナス60.4となった。約10年ぶりの水準で東日本大震災直後の2011年4月のマイナス57.7よりも悪かった。新型コロナウイルスの感染拡大が中小を直撃している格好だ。

5~7月の先行き見通しはマイナス71.1と一段と悪化。リーマン・ショックの影響が残る09年2月の過去最悪の水準(マイナス73.4)に迫る。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経済調査・分析 経済指標 経済団体 日本