4月の百貨店売上高、7~8割減=コロナ休業でマイナス幅最大

経済・ビジネス

百貨店大手4社が1日発表した4月の既存店売上高(速報)は、いずれも前年同月と比べ7~8割減となった。マイナス幅は3月を上回り過去最大。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言を受け、店舗の臨時休業を全国に広げたことが響いた。

各社の既存店売上高は三越伊勢丹ホールディングスが81.3%減、大丸と松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングが79.1%減と、約8割減少。高島屋(74.7%減)、そごう・西武(71.4%減)も大きく落ち込んだ。

首都圏などに加え、緊急事態宣言の対象が全国に拡大されたことから、国内のほぼ全店舗が休業し、売り上げの急激につながった。訪日外国人客の激減に伴い、免税売上高もほぼ消失した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 統計 日本