「護憲」「改憲」ネットで訴え=新型コロナで集会中継―憲法記念日

社会

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、憲法記念日に大規模な集会を開いてきた護憲派、改憲派の団体は3日、規模を大幅に縮小し、演説の様子をインターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」などで中継した。

東京都千代田区の国会正門前では、護憲派が中継のための「5.3憲法集会」を開催。「安倍9条改憲NO!」などと書かれたプラカードを掲げ、市民団体や学者らが改憲反対を訴えた。

憲法学者の稲正樹さんは「今回の事態で表現や集会の自由といった憲法の基本的人権が制限されている。真に必要な場合にとどめるべきだ」と指摘。法学者の浅倉むつ子さんは「日本国憲法を貫く本当の平和主義と反暴力の考え方を世界に向かって発信すべきだ」と訴えた。

一方、改憲派は東京都新宿区の会議室で、主催者のみの「憲法フォーラム」を開催。安倍晋三首相は5年連続でビデオメッセージを寄せ、憲法改正に意欲を見せた。ジャーナリストの桜井よしこさんは「『国家なき憲法』で、(新型コロナという)国難を克服することができるのか」などと訴えた。

新型コロナウイルスの影響で、オンライン中継で行われた集会に集まった護憲派の市民ら=3日午後、東京・永田町新型コロナウイルスの影響で、オンライン中継で行われた集会に集まった護憲派の市民ら=3日午後、東京・永田町

新型コロナウイルスの影響で、オンライン中継で行われた集会で演説する憲法学者の稲正樹さん=3日午後、東京・永田町新型コロナウイルスの影響で、オンライン中継で行われた集会で演説する憲法学者の稲正樹さん=3日午後、東京・永田町

新型コロナウイルスの影響により、オンライン中継で行われた改憲派の憲法フォーラム=3日午後、東京・永田町新型コロナウイルスの影響により、オンライン中継で行われた改憲派の憲法フォーラム=3日午後、東京・永田町

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般 社会 日本 東京都