東芝、週休3日制導入=7日から事業再開―新型コロナ対策

経済・ビジネス

東芝は4日、全国にあるグループ工場の製造現場で週休3日制を導入する方針を明らかにした。工場への出勤者を極力減らし、新型コロナウイルスの感染リスクを抑える。6日まで原則全拠点で実施している休業については期間延長せず、7日から事業活動を再開する。

東芝は、労働組合と合意した上で、早ければ6月にも週休3日制を始める。国内グループ全従業員約7万6000人うち約1万人が対象となる。感染防止対策として、4月20日から5月6日まで原則全拠点で実施している休業の期間延長は見送った。ただ、再開後も製造現場を除く従業員は引き続き在宅勤務を続ける。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本