子どもの人口、39年連続減=1512万人で最少更新―総務省

政治・外交 暮らし

総務省が「こどもの日」に合わせて4日発表した15歳未満の子どもの推計人口(4月1日現在)は、前年より20万人少ない1512万人で、39年連続の減少となった。比較可能な1950年以降、過去最少を更新。都道府県で子どもの人口が増えたのは東京のみで、少子化の進行が改めて鮮明になった。

内訳は男子が774万人、女子が738万人。総人口に占める子どもの割合は12.0%で、46年連続で低下した。

3歳ごとの年齢区分では、12~14歳が321万人で最も多かった。年齢が低いほど少なくなり、9~11歳が318万人、6~8歳が304万人、3~5歳が293万人、0~2歳が275万人だった。

都道府県別の子どもの人口(2019年10月1日現在)を見ると、東京が前年比3000人増の155万3000人。他に100万人を超えたのは、神奈川と大阪だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース (社会)保健衛生医療・社会保障行政 暮らし 日本 東北 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 甲信越 北陸 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 東海 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 中国 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 九州 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 宮崎県 鹿児島県 沖縄