レムデシビル、7日に承認=新型コロナ治療で―加藤厚労相

社会 暮らし 政治・外交

加藤勝信厚生労働相は5日、BSフジの番組で、新型コロナウイルスの治療薬候補となっている抗ウイルス薬「レムデシビル」に関し、7日に厚労省の薬事・食品衛生審議会を開き、薬事承認する方針を明らかにした。加藤氏は「了解をもらえれば、速やかに承認したい」と述べ、即日承認する意向を示した。

厚労省はレムデシビルについて、米国での認可を踏まえ、海外で承認を受けたことを条件に審査手続きを大幅に短縮できる「特例承認」を適用する方針。加藤氏は「一日も早く重症で厳しい状況にある皆さんに使ってもらえるようにしたい」と強調した。

また加藤氏は、同じく治療薬の候補である抗インフルエンザ薬「アビガン」について、「今月中の承認を目指したいという首相の発言もあった。われわれもそれに向けて努力したい」と語った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 日本