清水建設と鹿島、工事再開へ=新型コロナで中断、対策徹底

経済・ビジネス

清水建設は6日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて一時中断していた工事を再開すると発表した。マスク着用や検温、消毒専門の作業員の配置など感染防止策を徹底した上で、11日から順次再開。5月中にすべての現場で再開を目指す。鹿島も中断していた工事を7日から再開する方針を明らかにした。

清水建設は、同一作業所に勤務する社員3人が新型コロナに感染し、うち1人が死亡したことを受け、政府の緊急事態宣言が当初出された7都府県で工事を中断する方針を4月13日に発表。その後、13都道府県に対象を拡大した。これまで630カ所の現場のうち85%で工事を止めている。

同社は工事再開について「雇用確保など経済活動の維持のため工事を進めることも重要と判断した」と説明した。

鹿島は工事発注者の意向も踏まえ、朝礼の分散実施など対策を講じた上で工事を再開する。一方、大林組は宣言延長に伴い、工事の中断を継続する方向で検討する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本