三菱重工、最大700億円減損=カナダ社の小型機事業買収で―21年3月期

経済・ビジネス

三菱重工業は7日、カナダ航空機大手ボンバルディアの小型ジェット旅客機事業の買収に関連し、2021年3月期連結決算で500億~700億円程度の減損損失を計上する見込みだと発表した。三菱重工が開発している小型機「スペースジェット(旧MRJ)」の納入延期に伴う損失を処理する。

減損処理するのは、取得価格と資産価値の差額に当たる「のれん」のうち、スペースジェット事業に関係する全額。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 財務 日本