新型コロナ対応で連携確認=日ロ首脳が電話会談

政治・外交

安倍晋三首相は7日、ロシアのプーチン大統領と電話会談した。新型コロナウイルス感染症の早期収束に向けて、引き続き連携することで一致。平和条約交渉など日ロ間の協議継続も確認した。

両首脳の会談は対面での実施を含め、昨年9月のロシア極東ウラジオストク以来約8カ月ぶり。電話会談は日本側が持ち掛けた。

会談で、両首脳は新型コロナ対策をめぐり、日ロ合弁企業による検査キットの製造などで協力することを申し合わせた。

首相は9日にモスクワで開催予定だったロシアの対ドイツ戦勝75周年記念式典に出席し、プーチン氏と会談することを検討していたが、新型コロナ感染拡大を受け見送っていた。ロシア大統領府によると、首相は会談で、ロシアが第2次大戦戦勝75周年を迎えたことに祝意を示した。

会談後、同席した岡田直樹官房副長官は記者団に「次回の首脳会談については、新型コロナ感染症の状況の推移などを見極めながら、今後外交ルートを通じて調整する」と語った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 日本 ロシア