ユニクロ売上高、56.5%減=下げ幅最大、コロナ休業響く―4月

社会 暮らし 経済・ビジネス

ファーストリテイリングが7日発表したカジュアル衣料品店「ユニクロ」の4月の国内既存店売上高は前年同月比56.5%減だった。新型コロナウイルスの感染を防ぐ臨時休業が響き、単月ベースの下げ幅は、公表を始めた1996年9月以来、過去最大。

米国、中国を含む2200余の世界店舗数の約3割を占める国内直営713店などで比較した。フランチャイズ方式と合わせ、全国800を超える店舗のうち、4月は最大で約4割の311店を臨時休業、299店の営業時間を短縮。客足が大きく減った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 販売・価格改定・販促・見本市など 日本