アイヌ文化施設、開業を再延期=6月にも地元内覧会―赤羽国交相が発表

政治・外交 文化

赤羽一嘉国土交通相は8日の閣議後会見で、北海道白老町のアイヌ文化施設「民族共生象徴空間(ウポポイ)」について、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、29日を目指してきた開業を当面延期すると発表した。新たな開業時期は未定。赤羽国交相は、緊急事態宣言が解除されれば、まずは6月中に地元町民向けの内覧会を開き、「状況が整えば開業に踏み切りたい」と強調した。

ウポポイは「大勢で歌うこと」を意味するアイヌ語。昨年5月施行のアイヌ新法に基づき、アイヌ文化について情報発信するため国直轄で整備された。政府は緊急事態宣言が発令された4月7日、当初開業予定だった同24日から5月29日に延期することを決めた。その後、札幌市など道内でも感染者が再び急増するなど「第2波」の動きを見せており、再延期を判断した。開業前に開催予定だった記念式典も延期し、新たな日程は改めて検討する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 文化政策 文化 日本 北海道 札幌市