安倍首相、雇用調整金の倍増検討=上限1万5000円程度に―参院予算委

政治・外交

安倍晋三首相は11日の参院予算委員会で、新型コロナウイルス対策をめぐり、休業手当を支払って従業員を休ませた企業に支給する雇用調整助成金の上限額について、現行の日額8330円から倍増に近い1万5000円程度を念頭に引き上げる方向で検討する考えを明らかにした。立憲民主党の福山哲郎幹事長、石橋通宏氏への答弁。

首相は上限額について、「国際的に比較して、遜色のないものに引き上げていく」と強調。与党からも1万5000円への引き上げが求められていることに触れた上で、この水準について「英国にほぼ匹敵する額になる」と説明した。

首相は緊急事態宣言の解除後に再指定する場合の考え方を、解除の際に説明する意向を示した。日本維新の会の東徹氏への答弁。

参院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=11日午後、国会内参院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=11日午後、国会内

参院予算委員会で質問する立憲民主党の福山哲郎幹事長=11日午後、国会内参院予算委員会で質問する立憲民主党の福山哲郎幹事長=11日午後、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 国会 労働・雇用行政 日本