遠隔操作ロボを共同開発=ソニーとANAの子会社

経済・ビジネス

ソニーとANAホールディングスの子会社は11日、遠隔操作ロボットを共同開発することで合意したと発表した。ソニーが持つ人工知能(AI)技術を生かし、広く社会で使われる次世代ロボットを開発する。新型コロナウイルスの感染が広がる中、オンラインでのコミュニケーションや省人化の取り組みへの活用も期待される。

共同開発で合意したのは、ソニーグループのソニーAIとANAグループのスタートアップ企業「avatarin(アバターイン)」。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 提携・合併・買収 新製品 日本