プロ野球、史上初の球宴中止=開幕目標は6月中旬以降

スポーツ

新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が延期されているプロ野球で、7月19日に福岡ペイペイドーム、同20日にナゴヤドームで予定されていたオールスターゲームの中止が11日に決まった。1951年から開催されてきた球宴の中止は史上初めて。今年で開催70年目の節目を迎える予定だった。

日本野球機構(NPB)は11日に12球団代表者会議を開き、その後のウェブ会見で斉藤惇コミッショナーは開幕の遅れにより、球宴に出場する「選手を選択できるかという問題があった」と述べた。球宴はセ、パの2リーグ制となった翌年から始まり、昨年まで対戦成績はパ・リーグの85勝79敗11分け。

若手対象に松山で7月13日に予定されていたフレッシュオールスターゲーム(坊っちゃんスタジアム)も中止となる。

11日はNPBとサッカーJリーグが合同で設立した「新型コロナウイルス対策連絡会議」の第7回会合がウェブ上で開かれ、感染症の専門家チームから「緊急事態宣言が延長された状況で、(公式戦)開催の日程を具体的に決めることは難しい」との見解が示された。

これを受け、12球団は開幕日の設定はしなかったものの、斉藤コミッショナーは「6月の半ばから下旬にかけて開幕を目指すことで一致した」と述べた。開幕しても、当面は無観客として行われる見込み。次回の新型コロナ対策連絡会議と12球団代表者会議は22日に開催される予定。

昨年の球宴で、試合前に整列する全セの選手たち=2019年7月12日、東京ドーム昨年の球宴で、試合前に整列する全セの選手たち=2019年7月12日、東京ドーム

ウェブ会見で今年のオールスターゲームの中止を発表したプロ野球の斉藤惇コミッショナー=11日(ZOOMより)ウェブ会見で今年のオールスターゲームの中止を発表したプロ野球の斉藤惇コミッショナー=11日(ZOOMより)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース プロ野球 スポーツ 日本