「コロナ債」600億円発行へ=中小企業支援に活用―三菱UFJ

経済・ビジネス

三菱UFJフィナンシャル・グループが、新型コロナウイルスへの対応を目的とする社債の発行を計画していることが11日、分かった。総額600億円程度で、早ければ6月にも発行する。調達資金の使途として、資金繰りに窮する中小企業への融資やワクチン開発支援などを想定。こうした「コロナ債」の発行は国内初という。

環境や社会の問題に使途を限る「サステナビリティボンド」として発行し、コロナ対策以外に再生可能エネルギー関連融資などにも活用する。環境、社会、企業統治を重視する「ESG投資」への関心が高まる中、社会課題の解決に向けた姿勢をアピールし、投資家の資金を呼び込む。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 金融・証券 経営一般 日本