JFE、赤字1977億円=高炉休止で減損損失―3月期連結決算

経済・ビジネス

JFEホールディングスが12日発表した2020年3月期連結決算は、純損益が過去最大の1977億円の赤字(前期は1635億円の黒字)に転落した。赤字は12年3月期以来8期ぶり。米中貿易摩擦の長期化で東日本製鉄所の高炉1基休止などを3月に決め、約2300億円の減損損失を計上したことが響いた。

21年3月期の業績予想の公表は見送った。電話会議形式で記者会見した寺畑雅史副社長は、足元の新型コロナウイルスの感染拡大による需要減について「底打ちの兆しが見えない。グループ発足以来最大の危機だ」と語った。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 中国 日本 米国