児童虐待1~2割増=1~3月、新型コロナ受け調査―厚労省

政治・外交

全国の児童相談所で1~3月に対応した虐待の相談件数がいずれの月も前年比で1~2割増えたことが厚生労働省の調査で12日までに分かった。新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛や休校の影響で虐待リスクが高まる懸念があるとして調べた。ただ、厚労省は件数増加と外出自粛などとの関係は不明と話している。

月別の相談件数は、1月が1万4974件(前年同月比22%増)、2月が1万4997件(同11%増)、3月が2万2503件(同12%増)。都道府県別で1カ月間で最も多かったのは、大阪府で3月の3025件(前年同月2631件)、次いで東京都の3月の2908件(同2177件)だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 文教政策 日本 東京都 大阪府