コロナ諮問委に大竹阪大教授ら=4人追加、「経済」も重視―政府

政治・外交

政府は12日、新型コロナウイルス対策を多角的に検討するため、感染症の専門家が中心だった「基本的対処方針等諮問委員会」のメンバーに、大竹文雄大阪大大学院教授(行動経済学)ら経済の専門家4人を加えると発表した。これにより、政府は対策の策定に当たり感染拡大防止と経済・社会活動の維持の両立を図る方針だ。

メンバーに加わったのは大竹氏のほか、井深陽子慶応大教授(医療経済学)、小林慶一郎東京財団政策研究所研究主幹(マクロ経済学)、竹森俊平慶応大教授(国際経済学)。西村康稔経済再生担当相は記者会見で「命を守ることと生活を守ること、二つを実現しなければならない」と語った。

竹森氏は経済財政諮問会議のメンバーでもあり、政府は諮問会議との橋渡し役も期待している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 産業政策 日本