抗体検査、月3000件実施=6月から、感染実態把握で―小池都知事

政治・外交 暮らし

東京都の小池百合子知事は12日、都の配信動画で、新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査について、6月から月3000件を目標に実施する計画を明らかにした。地域ごとに継続して検査を行い、住民の抗体保有率を調査して感染の実態把握につなげる。

抗体検査は、ウイルスの遺伝子からコロナに感染しているかどうか判定するPCR検査とは異なり、ウイルスが体内に侵入した際に作られる抗体の有無を調べることで感染歴を把握できる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース (社会)保健衛生医療・社会保障行政 暮らし 日本 東京都