新型コロナの抗原検査を保険適用=患者の自己負担はなし―厚労省

政治・外交 暮らし

厚生労働省は13日、新型コロナウイルスの感染の有無を迅速に確認できる抗原検査について、同日から公的医療保険を適用する方針を中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関、中医協)の総会に示し、了承された。検査の公定価格は6000円(自己負担分は1800円)で、自己負担分は公費で補助し、発生しない。新型コロナが疑われる際の診断を目的に行った場合が対象。

厚労省は13日、保険適用に先立ち、「富士レビオ」(東京都新宿区)が開発した抗原検査キットを薬事承認した。抗原検査はPCR検査よりも精度が劣る一方、10~30分程度の短時間での判定が可能。PCR検査と使い分けることで、検査件数の増加につながると期待される。

加藤勝信厚労相は中医協での了承を受け、記者団に対し「効率的な検査が進むことを期待している」と述べ、5月中に約40万回分のキットを帰国者・接触者外来や地域の中核的な医療機関に優先的に配布する考えを示した。

厚労省は、抗原検査で陰性と判定された場合には、改めてPCR検査を実施してもらう方針だ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース (社会)保健衛生医療・社会保障行政 暮らし 日本