大相撲の三段目力士がコロナで死去=勝武士さん、28歳

社会 スポーツ

日本相撲協会は13日、西三段目82枚目の勝武士(しょうぶし)さん(本名末武清孝=すえたけ・きよたか=、山梨県出身、高田川部屋)が同日午前0時30分、コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため、東京都内の病院で死去したと発表した。28歳だった。

協会員の新型コロナウイルス感染による死者は初めてで、厚生労働省によると国内で20歳代以下の感染者の死亡が報告されたのも初めて。

相撲協会によると、勝武士さんは4月8日に東京都内の病院に入院。転院先で10日にPCR検査で陽性と判定され、19日から集中治療室で治療を受けていた。

勝武士さんは2007年春場所初土俵。部屋では師匠の高田川親方(元関脇安芸乃島)や十両白鷹山も感染し、その後退院。勝武士さんは幕下以下だったため、当初は非公表だったが協会員で最初に感染が確認された。

相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)は「1カ月以上の闘病生活、ただただ苦しかったかと思いますが、力士らしく、粘り強く耐え、最後まで病気と闘ってくれた。安らかに眠ってほしい」との談話を出した。

大相撲は夏場所の中止が決まっており、協会は7月19日~8月2日に名古屋から東京・両国国技館に場所を変え、無観客による本場所開催を目指している。

勝武士さん(高田川部屋のホームページから)勝武士さん(高田川部屋のホームページから)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 訃報 社会 相撲 スポーツ 日本 甲信越 山梨県