楽天、赤字353億円=携帯事業への投資が利益圧迫―1~3月期

経済・ビジネス

楽天が13日発表した2020年1~3月期連結決算(国際会計基準)は、純損益が353億円の赤字に転落した。前年同期は1049億円の黒字だった。1~3月期の赤字は02年以来18年ぶり。今年4月に本格参入した携帯電話事業への先行投資などが利益を圧迫した。

売上高に当たる売上収益は前年同期比18.2%増の3314億円。新型コロナウイルスの影響による巣ごもり消費を背景に、インターネット通販サイト「楽天市場」は好調だった。一方で、旅行予約サイトやプロスポーツ事業は低迷。三木谷浩史会長兼社長は記者会見で「(これら事業は)回復に相当時間がかかる」との見通しを示した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 日本