ソニー、3年ぶり営業減益=コロナ影響、「プレステ5」投入へ―20年3月期

経済・ビジネス

ソニーが13日発表した2020年3月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前期比5.5%減の8454億円と、3年ぶりの減益だった。主力のゲーム事業が不振に陥り、テレビやスマートフォンなどのエレクトロニクス事業も新型コロナウイルスの影響から販売は低調だった。

売上高は4.7%減の8兆2598億円、純利益が36.5%減の5821億円。営業利益、純利益とも過去最高だった前期から一転、大きく落ち込み、新型コロナは682億円の営業減益要因となった。

3月には英国とマレーシアの計3工場を停止。エレクトロニクス関連のサプライチェーン(部品供給網)の混乱は長引いており、映画・音楽事業では興行・コンテンツ制作休止に追い込まれている。21年3月期業績予想は合理的な算定が難しく未定としたが、上半期にコロナが収束した場合でも、3割程度の営業減益を見込んだ。年末商戦に投入する新型家庭用ゲーム機「プレイステーション5」の開発に影響はないという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本