コロナの兆候、下水から把握=東京都、「第2波」に備え研究着手

政治・外交 暮らし

東京都は13日、下水に含まれる新型コロナウイルスの量を把握し、感染拡大の兆候を探る研究を始めた。日本水環境学会と連携し、分析方法などの検討を急ぐ。感染拡大の「第2波」などに備える狙いで、米国やフランスもすでに同様の調査に着手しているという。

研究では、都内15カ所の下水処理場で毎週1回、処理前後の水を300ミリリットルずつ採取。下水からウイルスを抽出する方法はまだ確立していないため、採取した下水は冷凍保存し、抽出や分析方法が決まり次第、解凍してウイルスの量を調べる。採取期間は、13日から緊急事態宣言が解除されるまでを予定している。

下水中の新型コロナウイルス量を調べるため採取された水再生センターの処理水=13日、東京都港区下水中の新型コロナウイルス量を調べるため採取された水再生センターの処理水=13日、東京都港区

下水中の新型コロナウイルス量を調べるために採取された水再生センターの流入水(左)と処理水=13日、東京都港区下水中の新型コロナウイルス量を調べるために採取された水再生センターの流入水(左)と処理水=13日、東京都港区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース (社会)保健衛生医療・社会保障行政 暮らし フランス 日本 東京都