おうちで動物園を楽しんで=自動運転ロボがライブ配信―ZMP

経済・ビジネス

自動運転技術開発ベンチャーのZMP(東京)は13日、動物園の動物を自宅からインターネットで見られる特設サイト「オンライン動物園」を16日に開設すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を受けて休園中の千葉市動物公園(千葉市)が協力。360度カメラを搭載した自動運転ロボットが人が歩くのとほぼ同じ速度で園内の草原ゾーンを周回し、動物の姿をライブ配信する。

草原ゾーンにはゾウやキリン、ミーアキャットなどがおり、外出を自粛している子どもたちに楽しんでもらいたい考えだ。オンライン動物園の開園時間は、16日の午前10時からの1時間と、午後1時からの2時間。雨天時は17日に順延する。特設サイトのアドレスは、https://www.zmp.co.jp/event/online―chiba―zoo。1人1分ずつ、ロボットを遠隔操縦できる企画も実施する。

千葉市動物公園のライブ配信に利用する自動運転ロボット「ラクロ」の同型車(ZMP提供)千葉市動物公園のライブ配信に利用する自動運転ロボット「ラクロ」の同型車(ZMP提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会活動 新サービス その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本 千葉県 千葉市 東京都