学生・芸術支援に20億円寄付=100億円規模のファンドも―三菱UFJ

経済・ビジネス

三菱UFJフィナンシャル・グループは14日、新型コロナウイルスの感染拡大で困窮する学生や芸術活動への支援を目的に、グループ6社で最大20億円の寄付を行うと発表した。治療薬やワクチンの開発に取り組む企業を支援する総額100億円規模の投資ファンドも設立する。

「日本学生支援機構」「あしなが育英会」に各5億円、「日本オーケストラ連盟」に3億円を寄付する。学生に対し、資産形成やデジタル分野に関する調査などのアルバイトも提供し、新商品開発につなげる。投資ファンドの設立時期は未定。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会活動 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本