検察定年延長、採決先送り=野党が武田担当相不信任案―森法相、幹部留任基準示せず

政治・外交

衆院内閣委員会は15日、検察官の定年を引き上げる検察庁法改正案に関する質疑を行った。与党が採決の構えを見せる中、立憲民主党など野党4党は、関連法案を一括して担当する武田良太国家公務員制度担当相の不信任決議案を提出。これにより内閣委は同改正案の採決を行わず散会し、委員会採決と衆院通過は来週以降に先送りとなった。

与党は19日の衆院本会議で不信任案を否決した上で、21日にも同改正案の衆院通過を図る考え。野党側は徹底抗戦の構えで、松本文明委員長(自民)の解任決議案提出も検討する。

内閣委は15日の質疑終了後に理事会を開催。与党が同日中に採決を行いたいと提案したのに対し、野党が反発、不信任案提出に踏み切った。

野党は検察幹部が内閣の判断でポストにとどまれる特例条項を同改正案から削除するよう求めており、修正案提出を検討している。立憲の安住淳国対委員長は記者団に「政治権力で自分の思う人事をしようと思っている。よこしまな考えはやめた方がいい」と安倍政権を批判した。

これに対し、自民党の森山裕国対委員長は「来週、(不信任)決議案を処理し、正常化を図りたい」と記者団に表明。同改正案を今国会で成立させる方針に変わりがないことを強調した。

15日の内閣委には、野党の要求に譲歩した与党の判断で、森雅子法相が慣例を破って出席。森氏は、内閣が検察幹部をポストに留任させる基準について「具体的に全て示すことは困難だ」と説明できず、理由として、新たな人事院規則が策定されていないことを挙げた。国民民主党の後藤祐一氏は、黒川弘務東京高検検事長の定年延長を踏まえた法改正だと改めて追及した。

野党の不信任決議案提出で衆院内閣委員会が散会し、厳しい表情で退室する武田良太国家公務員制度担当相(右)=15日午後、国会内野党の不信任決議案提出で衆院内閣委員会が散会し、厳しい表情で退室する武田良太国家公務員制度担当相(右)=15日午後、国会内

衆院内閣委員会で国民民主党の後藤祐一氏(右)の質問を聞く森雅子法相(左端)=15日、国会内衆院内閣委員会で国民民主党の後藤祐一氏(右)の質問を聞く森雅子法相(左端)=15日、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国会 政党 日本