仏産原料で日本酒=ワイン大国に挑戦―山形県のメーカー

経済・ビジネス

【パリ時事】美食の都パリの郊外で昨年秋、米と水、酵母に至るまでフランス産の原材料で醸造した日本酒が誕生した。ワインに親しむフランス人をターゲットに定め、既にパリの高級レストランでの取り扱いも決定。山形県鶴岡市に本社を置く日本酒メーカー「WAKAZE」代表の稲川琢磨さん(32)は「フランスで一番飲まれる日本酒にしたい」と意気込んでいる。

一般的に日本の水は軟水だが、フランスでは硬水が主流。ミネラル分が豊富といい、昨年パリに移住し、酒蔵を立ち上げた稲川さんは「味が濃いフランス料理に負けない、甘味や酸味がはっきりした日本酒ができる」と説明する。

フランスはワイン大国でありながら、国内の消費量は年々減少。一方で、日本食の人気拡大とともに日本酒の輸入額は増加傾向にある。ただ、輸送コストがかさむため、一般的なレストランでもグラス1杯10ユーロ(約1200円)程度。6ユーロ(約700円)前後のワインに比べ割高だ。

フランス産の原料を使うことでコストを抑え、「地元の人に適正価格で楽しんでもらいたい」と稲川さん。輸送過程で発生する二酸化炭素を軽減できるのも「環境保護への意識が高いフランス人へのアピールになる」と期待する。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、欧州の飲食店との取引は一時中断となったが、オンライン販売は好調という。15日には日本全国の酒店でも一般販売を開始。稲川さんは、苦境にあっても「活路を見いだしていく」と力を込めた。

日本酒メーカー「WAKAZE」の酒蔵=2月22日、パリ郊外日本酒メーカー「WAKAZE」の酒蔵=2月22日、パリ郊外

日本酒メーカー「WAKAZE」代表の稲川琢磨さん=2月22日、パリ郊外日本酒メーカー「WAKAZE」代表の稲川琢磨さん=2月22日、パリ郊外

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 生産 フランス 日本 東北 山形県