検察定年延長、今国会見送りで調整=政府、世論の批判回避

政治・外交

政府は、検察官の定年を引き上げる検察庁法改正案の今国会成立を見送る方向で調整に入った。政府高官が18日明らかにした。検察の独立を脅かす恐れがあるとして同改正案に反対する世論が高まる中、採決を強行して批判を招くのは得策ではないと判断した。

「束ね法案」となっている国家公務員法改正案などと合わせ、秋に予想される臨時国会で仕切り直す考えだ。

首相官邸に入る安倍晋三首相=18日午前、東京・永田町首相官邸に入る安倍晋三首相=18日午前、東京・永田町

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 法案 日本