WHO対応、公平な検証を=菅官房長官

政治・外交

菅義偉官房長官は18日の記者会見で、同日から年次総会が始まる世界保健機関(WHO)の新型コロナウイルス感染症への対応について「十分な検証が行われなければならない」と指摘、「検証結果は国際社会が納得するものであるべきで、公平で独立した包括的な検証が行われることが重要だ」と強調した。

菅氏は「世界に甚大な影響を与える感染症に対しては、WHOを中心に国際社会が一致して対応すべきだ」と述べ、対立を深める米中両国に自制するよう暗に求めた。台湾のオブザーバー参加を支持する考えも重ねて示した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 中国 日本 台湾