上場地銀7割超が減益=新型コロナ追い打ち、3社赤字―20年3月期

経済・ビジネス

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は18日、2020年3月期決算を発表した上場地方銀行76社のうち、7割超に当たる56社が連結純利益で減益(赤字を含む)になったと発表した。赤字に転落したのは、みちのく銀行、清水銀行、島根銀行の3社。新型コロナウイルス感染拡大による株式売買損益の低迷が主因で、長引く低金利に苦しむ地銀に、コロナ禍が追い打ちをかけた格好だ。

今期(21年3月期)は「未定」の3社を除く73社ベースで、前期比20.8%減の計5863億円となる見通し。安岡勇亮アナリストは「(貸し倒れに備えた)与信関係収支の悪化による下振れリスクは大きい」とコメントしている。

上場地銀のうち、未発表の南都銀行と福岡中央銀行は5月下旬に決算を発表する。20年3月期の連結純利益の合計額は10.4%減の7640億円。与信関係費用は、不正融資で多額の引当金を計上したスルガ銀行を除くと約7割増えた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 日本 東北 青森県 東海 静岡県 奈良県 中国 島根県 九州 福岡県