東京都、コロナ対策費1兆円に=追加協力金などで補正予算案―緊急事態宣言

政治・外交

東京都は19日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言延長に伴う休業要請の追加協力金930億円などを含む5832億円の2020年度補正予算案を発表した。新型コロナ対策費の総額は、4月に想定した8000億円から約1兆円に拡大。都の貯金である財政調整基金を取り崩して対応するが、さらに支出が増えれば財政悪化も懸念される。

協力金はまず、緊急事態宣言の当初の期限だった今月6日まで休業などに応じた中小事業者に最大100万円を支給。今回の補正予算案では、今月末までの延長期間分を手当てし、2回目として同額を提供する。

東京都の新型コロナウイルス対策本部会議で2020年度補正予算案を報告する小池百合子知事=19日午後、都庁東京都の新型コロナウイルス対策本部会議で2020年度補正予算案を報告する小池百合子知事=19日午後、都庁

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け) 日本 東京都