JXTGHD社長に大田JXTGエネルギー社長=杉森社長は会長へ―6月25日付

経済・ビジネス 社会

石油元売り最大手JXTGホールディングスは20日、中核事業子会社JXTGエネルギーの大田勝幸社長(61)が社長に就任すると発表した。杉森務社長(64)は会長に就く。6月25日の株主総会後に正式決定する。

JXTGHDとJXTGエネルギーは6月、ENEOSホールディングスとENEOSにそれぞれ社名変更する。国内の需要縮小で経営環境が厳しさを増す中、大田氏が両社トップを兼務して意思決定の迅速化を図る。

大田氏は電力小売りの全国展開や製油所の統廃合など事業の多角化や経営改革を進めてきた。

大田 勝幸氏(おおた・かつゆき)東北大法卒。82年日本石油(現JXTGエネルギー)入社。18年6月から社長。鳥取県出身。(了)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経営一般 人事 社会 日本