コンビニ4月売上高、最大の落ち込み=10.6%減、オフィス街苦戦

経済・ビジネス

日本フランチャイズチェーン協会が20日発表した4月のコンビニエンスストア売上高は、既存店ベースで前年同月比10.6%減の7781億円となった。減少幅は2009年7月(7.5%減)を上回り、過去最大を記録した。新型コロナウイルスの感染拡大でオフィス街の店舗が臨時休業や時短営業に追い込まれるなど、大都市圏を中心に客足が大幅に落ち込んだことが響いた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 統計 日本