4月訪日客、わずか2900人=99.9%減、新型コロナで需要喪失

政治・外交 経済・ビジネス

日本政府観光局が20日発表した4月の訪日外国人数(推計値)は前年同月比99.9%減の2900人だった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で大幅に落ち込み、1964年の統計開始以降、初めて単月で1万人を割り込んだ。コロナの衝撃の大きさが改めて示された。

下落率は3月の93.0%減を上回り、2カ月連続で過去最大を更新した。入国者の多くは日本で在留資格を持つ外国人とみられる。

各国がコロナ対策で実施している出入国制限などの影響で海外旅行需要が消失。出国日本人数も4月は99.8%減の3900人となった。田端浩観光庁長官は20日の記者会見で「世界的に人の動きが失われている」と指摘した。

訪日客の国・地域別の内訳は、中国が200人、韓国が300人にとどまり、軒並み99%を超える下落率となった。ドイツやイタリアなどは10人未満だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 観光 観光政策 統計 日本