東京五輪、来夏開催なければ中止=バッハIOC会長が見解

スポーツ

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は20日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて2021年に延期された東京五輪について、来夏に開催できない場合は中止するとの見解を示した。英BBC放送のインタビューで語った。安倍晋三首相から来夏が「最後のオプション」と伝えられたことも明らかにした。

バッハ会長は「アスリートを不確かな状況に置いておくことはできないし、主要競技の日程を毎年変えられない。大会組織委員会は3000人や5000人の職員を永久に雇えない」と話した。

無観客開催の可能性については「われわれは望んでいない」とした上で、「決めるべき時期が来たら、アスリート、世界保健機関(WHO)、日本側と協議する時間を与えてほしい」と述べた。

ワクチン開発の有無が開催に与える影響については「WHOの助言に基づき、適切な時期に適切な決断を下す」と語った。また、来夏開催にはさまざまなシナリオを準備する必要性に触れ、「選手や他の参加者の隔離も必要になるかもしれない」と話した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 日本