大和証G、コロナ下で通年採用に=来春の入社増も―中田社長

経済・ビジネス

大和証券グループ本社の中田誠司社長はインタビューに応じ、新型コロナウイルスの影響で面談が困難になっている新入社員の採用について、一定数を確保する6月の後も継続する方針を明らかにした。中田社長は「通年採用に近い形にして、良い人材を求めたい」と説明。予定を上回る人数の獲得にも前向きな姿勢を示した。同社は、来春に360人を採用する計画だ。

中田氏は「ウェブを介した就職活動に学生も不安を感じている」と述べ、就活生への配慮を理由に挙げた。9月入学などが実現すれば企業側の採用も通年に切り替わるとの見方を示した上で、今回の取り組みが将来の通年採用に向けた「第一ステップになればいい」と語った。

ウェブ会議経由でインタビューに応じる大和証券グループ本社の中田誠司社長ウェブ会議経由でインタビューに応じる大和証券グループ本社の中田誠司社長

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 雇用・賃金・福利厚生 経営一般 日本