黒川検事長の辞職承認=後任、林氏が軸―政府

政治・外交 社会

政府は22日の持ち回り閣議で、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の発令中に新聞記者らと賭けマージャンを行った黒川弘務東京高検検事長(63)の辞職を承認した。後任人事については、名古屋高検の林真琴検事長(62)の起用を軸に最終調整している。

菅義偉官房長官は22日の記者会見で、「後任人事は法務省で検討している。速やかに任命されると思う」と説明。森雅子法相は衆院法務委員会で「業務の継続に重大な支障がある。速やかに後任を探したい」と述べた。

法務省によると、黒川氏は5月1日と13日、産経新聞と朝日新聞の記者ら計3人とマンションで賭けマージャンに興じ、記者側が用意したハイヤーで帰宅した。週刊文春の電子版が20日に報じ、与野党から辞任論が噴出。黒川氏は法務省の調べに事実関係を認め、21日に辞表を提出した。朝日新聞社は4月にも2回、マージャンをしたとしている。

黒川氏は安倍政権に近いと目され、政府が1月末に法解釈を変更する形で勤務延長を閣議決定すると、野党は「検事総長起用をにらんだ脱法行為」と反発。さらに内閣の判断で検察幹部の定年を延長できるようにする検察庁法改正案に対し、こうした対応を「後付けで正当化する法案だ」との批判が広がり、政府は今国会の成立断念に追い込まれた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 法務行政 人事 社会 日本