ロシア元外交官を書類送検=機密漏えい教唆容疑―警視庁

社会

ソフトバンク元部長の営業秘密不正取得事件で、警視庁公安部は22日、元部長を唆したとして、不正競争防止法違反の教唆容疑で、在日ロシア通商代表部の代表代理だったアントン・カリーニン元外交官(52)を書類送検した。

公安部は、不逮捕特権などを持つ外交官の身分を装ったロシア対外情報庁(SVR)の機関員とみている。元外交官は同部の聴取要請に応じず2月10日に日本を出国した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 日本 ロシア