富士フイルム、11.1%減益=アビガンの業績影響見通せず―20年3月期

経済・ビジネス

富士フイルムホールディングスが22日発表した2020年3月期連結決算は、複合機などの事務機器やインスタントカメラ「チェキ」の販売が苦戦し、売上高が前期比4.8%減の2兆3151億円、営業利益は11.1%減の1865億円だった。新型コロナウイルス治療薬と期待される抗インフルエンザ薬「アビガン」増産の影響は、コロナ収束時期に左右されるとして21年3月期業績予想自体を見送った。

1月下旬以降の世界的な新型コロナ感染拡大に伴う営業自粛が響き、純利益は9.5%減の1249億円。肺炎診断に使われる超音波画像診断装置などの売り上げは伸びた。

政府が5月にも薬事承認を目指すアビガンは、子会社の富士フイルム富山化学(東京)が生産。原料・原薬メーカーなど10社以上の協力を受け、7月に月10万人分へと生産量を引き上げる。岡田淳二取締役はウェブ会見で、承認申請について「規制当局と調整している」と述べるにとどめた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 日本 東京都