夕張メロン、2玉12万円で落札=昨年の40分の1、コロナで需要減―札幌初競り

社会

北海道の初夏を告げる風物詩、夕張メロンの初競りが25日午前、札幌市の中央卸売市場で行われた。554玉が競りに掛けられ、このうち1箱(2玉入り)が12万円で落札された。落札価格は昨年(500万円)の40分の1以下。新型コロナウイルス感染拡大の影響で小売店が営業できず、需要が落ち込んだことが原因とみられる。

競り落としたのは、百貨店などに青果物を納めるふたみ青果(釧路市)。競りでは、感染予防対策として観覧スペースを離れた場所に設け、見物客の入場を制限する対応が取られた。

JA夕張市によると、メロンは24日に収穫を開始し、出来は上々という。出荷量は3800トン、約21億円の売り上げを目指す。

競りを担当した札幌みらい中央青果の木沢岳志さん(62)は「(コロナ禍で)厳しいスタートとなった」と話した。

初競りで2玉12万円で落札された夕張メロン=25日午前、札幌市中央卸売市場初競りで2玉12万円で落札された夕張メロン=25日午前、札幌市中央卸売市場

札幌市中央卸売市場で行われた夕張メロンの初競り。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、間隔を空けるよう呼び掛けていた=25日午前、札幌市中央区札幌市中央卸売市場で行われた夕張メロンの初競り。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、間隔を空けるよう呼び掛けていた=25日午前、札幌市中央区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般 社会 日本 北海道 札幌市