ネット中傷、「適切に対応」=菅官房長官

政治・外交 社会

菅義偉官房長官は25日の記者会見で、インターネット上の誹謗(ひぼう)中傷をめぐる発信者の情報開示について、プロバイダー責任制限法に規定されていることを挙げ、「総務省で先月より議論を開始している。それを踏まえ適切に対応を図っていく」と語った。フジテレビのバラエティー番組に出演していた女子プロレスラーの木村花さん死亡について、SNS上での誹謗中傷が関連しているとの見方が出ている。

立憲民主党の安住淳国対委員長は国会内で記者団に、「匿名の心無い誹謗中傷が多くの人を傷つけ、命を絶つような事態は見過ごすことはできない」と述べ、野党として法制化を含むルールづくりを検討する考えを示した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 社会一般 社会 日本