東京、朝の混雑戻らず=緊急事態解除一夜明け

社会

新型コロナウイルス流行に伴う緊急事態宣言の解除から一夜明けた26日朝、東京都内の主要駅では通勤客が行き交う姿が見られた。ただ、混雑で知られるJR中央線の車内は比較的すいており、様変わりした風景がなおも続いていた。

東京・多摩地区にあるJR国分寺駅では午前7時ごろ、マスク姿の通勤者らが次々と改札内に入った。上り線ホームでは、5、6人ずつ電車を待つ人が列を作った。

「きのうあたりからホームが人でいっぱいになるようになった」と話すのは、ホームのそば店従業員の女性(70)。ただ、通常なら朝食を取る人で混むという7時15分すぎの店内に、客は3人。「急に再開できない業種の人もいるでしょう。来週くらいから戻ればいいな」と期待する。

緊急事態宣言解除から一夜が明け、JR東京駅などを利用する人たち=26日午前、東京都千代田区緊急事態宣言解除から一夜が明け、JR東京駅などを利用する人たち=26日午前、東京都千代田区

緊急事態宣言が解除されて初めての朝を迎え、通勤客らが行き交うJR新宿駅付近=26日午前、東京都新宿区緊急事態宣言が解除されて初めての朝を迎え、通勤客らが行き交うJR新宿駅付近=26日午前、東京都新宿区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般 社会 日本