スズキ、営業益33.7%減=主力のインドで苦戦―20年3月期

経済・ビジネス

スズキが26日発表した2020年3月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前期比33.7%減の2150億円だった。景気低迷が長引く主力のインド市場で販売が苦戦。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大も響いた。

世界販売台数は14.3%減の285万台。このうち、インドは18.1%減の143万台だった。日本国内は大型台風や消費税増税に新型コロナの影響が加わり、7.3%減の67万台。営業利益段階での新型コロナのマイナス要因は128億円だった。

売上高は9.9%減の3兆4884億円、純利益は24.9%減の1342億円と減収減益。21年3月期業績予想は未定とした。電話形式での記者会見で鈴木俊宏社長は「リーマン・ショックからの復活に日本は6年かかった。注意深く生産体制を整え、販売を強化していく」と述べた。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 日本