2次補正、一般会計31.9兆円=赤字国債22.6兆円―予備費10兆円追加

政治・外交

新型コロナウイルスの感染拡大に対応する2020年度第2次補正予算案の一般会計総額が31兆9114億円となることが27日、分かった。財源は全額国債発行で賄い、そのうち赤字国債は22兆6124億円となる。政府は同日午後、閣議決定する。

2次補正には、中小企業の家賃支援や資金繰り強化、雇用の下支えなどを盛り込む。政府のコロナ対策に特化して使用できる予備費も10兆円増額する。

特別会計や財政投融資も合わせた財政支出は72.7兆円で、民間融資なども含めた総合的な事業規模は117.1兆円となる。

事業規模は1次補正などと合わせると233.9兆円となり、安倍晋三首相は官邸で開いた政府・与党の政策懇談会で「GDP(国内総生産)の4割に上る世界最大の対策によって日本経済を守り抜く」と強調した。

政府与党政策懇談会で発言する安倍晋三首相(右から2人目)=27日午前、首相官邸政府与党政策懇談会で発言する安倍晋三首相(右から2人目)=27日午前、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 財政 マクロ経済政策 日本