ワタミ、3期ぶり赤字=居酒屋65店を閉店へ―20年3月期

経済・ビジネス

居酒屋大手のワタミは27日、2020年3月期の連結業績を発表した。売上高が前期比3.9%減の909億円、純損益は29億4500万円の赤字(前期は13億7300万円の黒字)に転落した。純損失は3期ぶり。新型コロナウイルスの影響を踏まえ、収益の回復が見込めない居酒屋「和民」などについて、19億2000万円の減損損失を計上した。

店舗をめぐっては、国内491店のうち直営の65店を7月までに閉店。ワタミは緊急事態宣言の解除を受け、休業していた直営約400店の営業を順次再開しているが、「今期の客足は戻って7割程度」(広報担当)と予想している。

21年3月期の業績見通しは未定。持ち帰りを中心とした「から揚げの天才」の出店や、弁当を配達する宅食事業に力を入れる方針だ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 その他企業(事業継続BCP・リスク管理) 日本