東京タワー営業再開=展望台は「階段で」―新型コロナ

社会

新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の解除を受け、東京タワー(東京都港区)が28日、展望台の営業を再開した。エレベーターは「3密」による感染の危険があるため、地上150メートルの「メインデッキ」には約600段の外階段を使うよう勧めており、訪れた客はマスク姿で息を切らせながら上っていた。

同250メートルの「トップデッキ」へは、4人までのグループごとにエレベーターを貸し切りにして案内している。

運営会社によると、4月8日から休止していたが、営業時間を午後9時までに2時間短縮して再開。ソーシャルディスタンス(他者との距離)を保って景色を楽しめるよう、各所に目安のテープを貼った。混雑状況によっては入場制限も行う。

メインデッキまでのエレベーターは、高齢者や小さな子供を優先し、定員をスタッフも含め5人に制限。土日のみ開放していた外階段を毎日利用できるようにしたという。

東京タワーが営業を再開し、「メインデッキ」まで約600段の外階段を徒歩で上る人たち=28日午前、東京都港区東京タワーが営業を再開し、「メインデッキ」まで約600段の外階段を徒歩で上る人たち=28日午前、東京都港区

営業再開した東京タワーの展望台で、ソーシャルディスタンスを保つ目安のシール付近で景色を楽しむ人たち=28日午前、東京都港区営業再開した東京タワーの展望台で、ソーシャルディスタンスを保つ目安のシール付近で景色を楽しむ人たち=28日午前、東京都港区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 社会一般 社会 日本 東京都