〔決算〕東レ、21年3月期予想は減収減益=新型コロナで需要減

経済・ビジネス

東レ=2021年3月期連結業績(国際会計基準)は減収減益を予想する。新型コロナウイルスの感染拡大により各事業で需要の落ち込みを見込む。10~12月期以降に回復基調に向かうことを前提に、純利益は400億円とした。

航空機や自動車向けの炭素繊維複合材料事業は、本業のもうけを示す事業損益で120億円の赤字を予想。顧客の米航空機大手ボーイング社が生産機数を引き下げることが響いた。阿部晃一副社長は電話で記者会見し、「一般産業用途への拡大が喫緊の課題だ」と述べた。

20年3月期連結業績(日本基準)も減収減益。主力の繊維事業が、米中貿易摩擦の長期化や暖冬による市況低迷で影響を受けた。純利益は前期比29.8%減の557億円。(了)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 決算・業績予想 日本